mihoの夏休み、いただきました☆

ありがとうございます。

その間、この夏にわたしの心身に起こったこと、インプットしてきたものを整理し、自分とLeelaの今後のビジョンについての構想が、視えてきました。

これまでわたしは、自身の2度の妊娠糖尿病の経験と、糖の代謝がうまくいかない体を持つという現実から、糖質を控えていきたい方にも安心して食べられるものをと思い、その観点からパンやお菓子を研究して作ってきました。

自分自身も、そのような食生活を心がけてきたのですが、心の弱さもありますが、それでも、どこか心の奥底深くで腑に落ちない何かを感じていたのだと思います。どこかで無理をしている。我慢をしている。

そして、わたしは自分自身の体の声に気づかないふりもしていたのでしょう。食べたものによって、身体への反応が敏感に、顕著に出るということを。自分が作ったものは、自分の体に負担のないように心がけて作ってきたつもりにもかかわらず、食べるとちょっとした違和感が現れる。その正体が「糖質」だと思っていました。でも、もしかしたら違うのかもしれない。違わないのかもしれないけれど、他にもいろいろあるのかもしれない。と、自分の体を使って人体実験をしているところです。1年くらい、いや2年?いやいやもっとか??かけて、体の声を聞きながら実験してみようと思っているのです。そして、なんと今現在の食養生の中では、不思議なことに、今まで感じていた体の中に起こる違和感を、ほとんど感じないのです。「糖の代謝がうまくいかない体である」と諦めるのではなく、正常に、真の健康体に戻していくことを目指したい。諦めたくない。その道筋が、もしかしたらあるのかもしれない。という現在なのです。

今までは、一応「パン屋」という看板を掲げて店を展開してきました。しかし、実は今、小麦を控えてみているのです。大好きなんです!小麦!だけど、真の健康体を取り戻すために必要な一過程かもしれないのです。小さな小さなちょっとしたことなのですが、人から見たらたいしたことではないのかもしれませんが、仕事と割り切ってやれと思う方もいるかもしれませんが、そんな中、「パン屋」を掲げてやっていくのが、ちょっとわたしにとっては違和感なのです。苦しくなるのです。今に始まったことではありませんが、超絶わがままですみません!パンは、これからも焼きます。焼きますが、量と種類が変わってきます。きっと、質も変わります。その点、ご理解いただけたら幸いです。(量に関しては、家庭と仕事のバランスを、という意味合いもありますが。。。)

そして、もう一つのわたしにとってとても大事なワークのキーワード「踊り・女性たちの集い・癒し・やすらぎ」を、何をどうやってどうしていきたいか。

これまでわたしは、母として、「良い母でいなければいけない。こうでなければ、こうすべきだ、母親なんだから。完璧でなければ。」というのがとても強く、そんな良い母親の理想像にがんじがらめになって苦しかったのだと思います。できない時にイライラしては、そんなイライラする自分に罪悪感を持ったり腹を立てたり絶望したり。いつも忙しくくるくると働いて疲れ果て、眉間にしわを寄せて。

でも、子どもにとっての一番の幸せ、やすらぎって、お母さんが、作り笑いでない「真の笑顔」でいることなんですよね。実体験からわかっているはずなのに、繰り返してしまう鉄壁の完璧な母親縛り。ちょっとずつ、がんじがらめに絡まってもつれてしまっている糸を、ほどいていこうと思います。

その、ほどいていく作業の手段のひとつが、踊りであり、内側を見つめることであり、自然の中で自然を感じたり、昼寝をしたり、ぼーっと火を眺めていたり、ただあるがままそこに在る=beingすること。そして、出来るだけ月のリズムに合わせて過ごすこと。そんな時間が、女性には必要なのだと学びました。

「今までインプットしてきたものを、恐れを手放してそろそろアウトプットしてゆく時だ」

と、言われているような気がします。今後は、必要としている女性たちに、惜しげなくその時間と空間を提供していこうと思います。

と、いうわけです。ですので、今後のLeelaの看板としては、

Cafe&Women’s being salon

として、開放していこうと思います。

この夏、家庭の事情から、実は店の隣を増築してもらいました。カフェスペースはこれまで同様の場所で、男性の方も女性の方も、どなたさまも遊びにいらしてくださったら嬉しいです。メニューは気まぐれに一期一会で。今できる最善を尽くします。

そして、場が整い次第、増築部分を女性限定スペース、Women’s being salonとして開放します。男性の方、すみません。守られた空間の中で、自分のbeingタイムを持ちたい方、グダグダしたい方、昼寝したい方、読書したい方、mihoと語りたい方、どうぞお好きなだけお好きな時間を、お好きなようにお過ごしください。利用料は、ハートマネー♥️

また、イベント的に、女性たちの集いの会、踊りの会も企画していこうと思います。オンナたちの輪は与え与えられ、ものすごくパワフルです。

こんなことを、一度きりの今世、やっていきたいと思っているのです。人から見たら、いや、そう思い込んでいるのは本当は自分だけなのかもしれませんが、ちょっとややこしい心身を授かったからこそ、他の人にはできない、わたしにしかできない何かがあるかもしれない。女性たちと、その女性にまつわる全ての人たちの笑顔と幸せを願って、自分に正直に、誠実に活動していきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。